ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド

北欧デンマークの名作木製オブジェ。ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 看板

デンマークの良き時代(1950〜1960年)に活躍したデザイナーたちのインテリア小物を、現在において復刻製造する ARCHITECTMADE(アーキテクトメイド)。
アーキテクトメイドは、デンマーク家具デザインの巨匠フィン・ユールやポール・ケアホルム、シドニーのオペラハウスの設計で世界的名声を得たヨルン・ウッツォン、 デンマークの木製小物として世界的人気を得た“BIRD”の作者クリスチャン・ヴェデルや、 チャーミングな“DuckandDuckling”をデザインしたハンス・ボーリングなど、
デンマークデザイナーの名作小物を、伝統的クラフトマンシップを活かして、一つ一つ丁寧に作り上げています。
中でも代表的な作品が、「Optimist(オプティミスト)」と「Pessimist(ペシミスト)」。
この二つのフィギュアは、卵型木片の組み合わせる角度、口の形状、髪の毛の質と色の違いだけで、それぞれの特徴を見事に表現している作品です。
http://architectmade.com/

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 「Optimist&Pessimis」


“コップに残った中身は、半分きりしかない?それとも半分もある?”
私たちは皆、全く同じものを見ても違った見方をする、
このような相反する性格(二極性)の両方を
少しずつ持っています。
昼と夜、あるいは陰と陽のような対照的な性格を持った二人の同僚からインスピレーションを受けて、
デザイナー ハンス・ボーリングは
「Optimist(オプティミスト)」「Pessimist(ペシミスト)」
二つのフィギュアをデザインしました。

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 「Optimist&Pessimis」

「オプティミスト(=楽天主義者)」は大きな笑みを浮かべています。腕は動かすことができ、頭の後ろに回して澄ました表情にすることも。
「ペシミスト(=悲観主義者)」はうつむき、肩をつぼめています。腕は動かすことができ、後ろ手に組んでさみしげな雰囲気にすることも。
どちらも手の位置や顔の角度の少しの変化で、多様な表情を楽しめます。

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 「Duck」

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 「Duck」

1959年の春、コペンハーゲンの街でアヒルの親子が道路を横切るために、警察官が車を止めるという出来事がありました。 忙しい日常生活の中で起こったこのエピソードは、当時の新聞で大きく取り上げられ、掲載されたアヒルの親子と警察官の姿は今もデンマークの春を回想させるシーンとして知られます。
自然に対する意識のあり方、暮らしの中で起こるほんの小さな奇跡に感謝するというデンマーク人の国民性が、縮約された一瞬の出来事ともいえるでしょう。

デザイナーのハンス・ボーリングは、このチャーミングなアヒルの親子にインスピレーションを受けて、木製のアヒル 「Duck」をデザインしました。

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 「Duck」

ハンス・ボーリングによって生み出された、心和むハーモニックなデンマークの春という、当時のままのエッセンスを保った手作りのフィギュア 「Duck」は、滑らかなカーブが美しいシンプルで洗練されたデザインです。 そして、可動式の首や象眼細工を施した目の造形など細部までこだわりを感じるつくりになっています。

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 「Bird」

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 「Bird」

デンマークの家具デザイナー、クリスチャン・ヴェデルが1959年に発表した鳥のオブジェ 「Bird」。
頭と体は接合されていないため、頭を自由に傾けることができます。 象眼細工による目はとても愛らしく、頭の角度によって澄ました顔や眠そうな顔、怒った顔、悲しそうな顔、自信たっぷりの顔など様々な表情が生まれます。

クリスチャン・ヴェデルはこのバードに家族を表現しています。
大きなバードは両親。小さなバードは子供たち。下が広がる「△」の形に立てれば男の子、上が広がる「▽」の形は女の子の設定です。

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 「Bird」

例えば結婚の記念に大きなバードを2つ、赤ちゃんが生まれたら小さなバードを。家族の思い出と共に揃えていく、そんな楽しみも素敵です。

天然のオーク材を使用していますので木目や木の色味が一つ一つ異なります。
その違い(個性)に「自分だけのバード」を感じ、愛着が湧いてきます。

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド 「Bird」 イメージ

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド イメージ

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド イメージ

ARCHITECTMADE / アーキテクトメイド デザイナー

デザイナー Kristian Vedel (クリスチャン・ヴェデル)

Kristian Vedel (クリスチャン・ヴェデル)
1923年デンマーク生まれの建築家であり、家具デザイナー。
彼はデンマーク、コペンハーゲン・ロイヤル・アカデミー・オブ・ファイン・アーツ家具部門でコーア・クリントのもとで学び、バウハウスの影響を受けました。 彼のデザインは、機能性と人間工学に基づいてデザインされています。 また、子供家具のデザインではミラノトリエンナーレ金賞やルニング賞などを受賞しています。

デザイナー Hans Bolling (ハンス・ボーリング)

Hans Bolling (ハンス・ボーリング)
ハンス・ボーリングはデンマーク王立芸術大学を卒業し、公共施設や集合住宅などを数多く手掛けた建築家として有名です。
カイ・ボイスンやリサ・ラーソン、クリスチャン・ヴェデルと並び、多くの人々に愛されるオブジェを手がけています。

ヒトリゴト

カイ・ボイスンがデザインしたローゼンダール社の木製オブジェ、「モンキー」と並んで有名な「Duck」。 時々この「Duck」に似たような商品を見かけますが、本家復刻はアーキテクトメイド社です。
ちなみに、「ミッドセンチュリーモダン」で売られている 木製オブジェ とは別物です。 ショップオリジナルとうたっていますが・・・。うーん、なんとも。