ロックランプ | DESIGN HOUSE Stockholm

MoMA 永久収蔵品、ハッリ・コスキネン初期の代表作。ブロックランプ

DESIGN HOUSE Stockholm(デザインハウス・ストックホルム) ブロックランプ 看板

1992年、アンデルス・フディグによって設立されたDESIGN HOUSE Stockholm(デザインハウス・ストックホルム)社。 北欧出身のデザイナー達によって生み出されたインテリアプロダクトは、北欧デザインブームを巻き起こしました。 今のスカンジナビアを象徴するデザインの数々。 しかしそのデザインは決して時間に左右されない、いつの時代においても色褪せない新鮮な魅力を持ったデザインでもあるのです。
氷の中に閉じこめられた電球が、氷を溶かしてしまいそうに見えるランプ、ブロックランプ。 スウェーデンのデザイナー、HARRI KOSKINEN (ハッリ・コスキネン)が、工業用のガラス製ブロックからインスピレーションを得て生み出した照明です。 彼が学生時代に発表したこのブロックランプは、デザインハウス・ストックホルム社の目に止まり、彼の才能に光を与えました。
独創的なデザインが高い評価を得て、北欧・ヨーロッパ諸国をはじめ、アメリカでもベストセラーとなり、MoMA(ニューヨーク近代美術館)のデザイン・コレクションにも収められています。
http://www.designhousestockholm.com/

DESIGN HOUSE Stockholm(デザインハウス・ストックホルム) ブロックランプ

サンドブラストによる電球のシェープが、上下に分かれたハンドメイドの重いガラスブロックの間に挟まれるように空間を作るデザイン。 上下それぞれのガラスは手で鋳造され、激しい温度差にひびが入らないように長時間の冷却過程を経てつくられています。

ずっしりと重さがあり、柔らかく繊細な光を放ちながらも存在感があるブロックランプ。 ガラスを通した柔らかな光は、とても幻想的で、不思議なリラクゼーション効果があります。 ガラス自体はさほど熱くならないので、このまま床に置いたり、シェルフに置いたりと、様々な場所でお楽しみいただけます。

静かに存在感を放つ照明。点灯していないときの姿も美しい。
DESIGN HOUSE Stockholm(デザインハウス・ストックホルム) ブロックランプ イメージ DESIGN HOUSE Stockholm(デザインハウス・ストックホルム) ブロックランプ イメージ

デザイナー ハッリ・コスキネン

デザイナー HARRI KOSKINEN (ハッリ・コスキネン)

HARRI KOSKINEN (ハッリ・コスキネン)
フィンランドを代表する若手インダストリアルデザイナー。
ハッリ・コスキネンは、「日常から生まれるものを実体あるデザインにすること。機能性が高く、視覚的に美しい、暮らしを豊かにするデザイン」をコンセプトに活動しています。
代表作「Block Lamp」は米国でMoMA(ニューヨーク近代美術館)が独占的に取り扱っている商品であり、エクセレント・スウェディッシュ・デザイン賞(1998年) デザイン・プラス賞(アンビエンテ、フランクフルト見本市、1999年) ベスト・ニュー・プロダクト賞 (アクセント ショー、ニューヨーク、1999年)と言った数多くのデザイン賞を受賞しています。

ヒトリゴト

個人的に、ハッリコスキネン好きなんです。 なんかの雑誌で彼のオフィスをみたことがあるんですが、モノが多く雑然としている割には全て調和されている。 まるでわざと散らかしているような、そんな感じがしました。 その中で一際目立っていたのが、彼のデザインした「ファティ・コンテナーズ」。 フォルムの繊細さと美しさはピカイチ。 中にはセーターやらボールやら、こまごまとしたモノが実にラフに入ってる。 彼らしいオモチャ箱のようでした。

デザインハウス・ストックホルムの照明はこちらも >>