鍮ブランド、FUTAGAMI / フタガミ

鋳肌を活かした、無塗装・無垢の真鍮。FUTAGAMI / フタガミ

真鍮ブランド・FUTAGAMI(フタガミ) 看板

富山県高岡市に籍を置く、1897年(明治30年)創業の真鍮の鋳物メーカー「二上」。 その二上が立ち上げた真鍮の生活用品ブランドが、「FUTAGAMI(フタガミ)」です。
真鍮は経年変化により酸化して少しずつ枯れた色合いになり、独特の深い味わいが出て、人と場所に馴染んでいく素材。 耐腐食性が強く、加工が比較的容易で、昔から建築金物、船舶金物、家具金物など、様々な分野で使用されてきました。 また、素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具等の素材としても長い歴史があります。
もともと仏具製作を得意としていた二上が、デザイナーに大治将典を迎え、永年培った技術と、凛とした佇まいのデザインが出会って、真鍮の素朴な美しさが映える生活道具を生み出しました。
http://www.futagami-imono.co.jp/

FUTAGAMI / フタガミ 鍋敷き

真鍮ブランド・FUTAGAMI(フタガミ) 鍋敷き

真鍮の色を月や星に見立てたFUTAGAMIの鍋敷き。
特徴は素地をいかした仕上げになっていること。 通常は塗装に代表されるような2次加工を行いますが、この鍋敷きは型から取り出したそのままの状態。軽く磨いただけの、素朴な風合いが魅力です。
あとから手直しがきかない分、フォルム、鋳肌の仕上がりのクオリティが高ければこそ実現したプロダクトです。
真鍮という素材の、神秘的な独特の光り具合と質感が夜空の天体を思わせたことから、4種類の鍋敷き「太陽」「月」「星」「銀河」が生まれました。
程よい重厚感で頑丈な鍋敷きは、大事に使えば一生モノ。生活に馴染み、経年変化を楽しむことの出来る味わい深い生活道具です。

真鍮ブランド・FUTAGAMI(フタガミ) 鍋敷き イメージ 真鍮ブランド・FUTAGAMI(フタガミ) 鍋敷き イメージ

FUTAGAMI / フタガミ 栓抜き

真鍮ブランド・FUTAGAMI(フタガミ) 栓抜き

独創的なFUTAGAMIの栓抜き。
「三日月」「日食」「枠」の3種類。
切削面の美しさが映える「三日月」と「日食」は、一見栓抜きには見えないデザイン。 しかし、手への収まりも非常によく、実際に使うとその意外な使いやすさに驚きます。また、ビール瓶の首にそのままかけておくこともできます。
「枠」は、ズバリ、「枠(わく)」でできたようなシンプルなデザイン。すぅっと直線的な美しさが印象的です。
真鍮は使えば使うほど表面が酸化して色調が変化し、独特の味わいが出てきて、より愛着が湧く素材です。

真鍮ブランド・FUTAGAMI(フタガミ) 栓抜き イメージ 真鍮ブランド・FUTAGAMI(フタガミ) 栓抜き イメージ

FUTAGAMI / フタガミ バリエーション

真鍮ブランド・FUTAGAMI(フタガミ) バリエーション

上段左から、鍋敷き「銀河」、「太陽」、「月」。
下段左から、鍋敷き「星」。 栓抜き「三日月」、「日食」、「枠」。 ゼンマイフック「菱形」、「豆型」、「S字フック」。

ヒトリゴト

塗装やメッキといった表面処理を施すことなく、あえて鋳肌そのままの状態で使う、FUTAGAMIの鍋敷きと栓抜き。 酸化により最初早い段階で色が少し濃くなり、そのあとは、だんだん深みを増し少し緑がかってきて枯れた風合いになってきます。 それからは日々触って使うことで人の手脂によって磨かれていく。
時間の経過とともに表情が変化し、人と場所に馴染んでいく。個人的にもとても好きなブランドです。