りではなく、本質を求める。hmny

hmny | LIFE with GENUINE MATERIAL

HMNY(H+M+N+Y Project) 看板

「hmny」は、香川県東かがわ市の革製品メーカー・ルボアと、デザイナー宮城壮太郎、そしてアッシュコンセプトとのコラボレートにより生まれたブランドです。
普段使いの上質な革小物をライフスタイルごとにデザインしました。 手袋の産地として国内の90%のシェアをもつ、東かがわ市。繊細な革の裁断・縫製技術には、匠の技が凝縮されています。 ひとつひとつの製品が多くの革職人の厳しい目と熟練の手によって作り上げ、検品されてできあがります。
「本当に欲しいものを形にしたい」という思いのもと、職人とデザイナーがお互いの技術とアイデアを集わせ、誕生した「hmny」。 原材料から製品加工に至るまで、すべてを日本の地で仕上げるクオリティ。 機能と形の無駄をそぎ落とし洗練を重ねた、シンプルで繊細なフォルム。 一切の妥協をゆるさないこだわりが、ライフスタイルの中に新しい質感を提供します。
http://hmny.ruboa.com/

HMNY(H+M+N+Y Project) ワインボトルバッグ イメージ

そこには、日本の心が生きています。
繊細であり、どこまでも妥協がない、職人たちのこころが生きています。
日本にこだわり、日本の技術にこだわる。 香川の地で120年受け継がれてきた伝統が、いま、新しい発想とともに生まれ変わろうとしています。
ひとつひとつが、時を経てもかわらず愛し続けられる存在。 本質を求める方にこそ触れてほしい「hmny」があります。

HMNY(H+M+N+Y Project)  hmnyストライプ

ストライプ

皮革製品の特徴でもある、折り曲げ部分には必ずシワができるということ。 そのシワができる部分が一番はじめに痛んできます。
そこで試行錯誤の上に考案したのがhmnyストライプでした。 可動部分にストライプを入れることでシワが目立たなくなり、傷みづらくなりました。

HMNY(H+M+N+Y Project)  ナナメカット

ナナメカット

ポケットを斜めにカットする。この工夫から、hmnyらしいデザインが生まれました。
それぞれの製品に施されている斜めのカットは、それぞれの用途が想定され、検証を重ねた上で角度が決定されました。
カードが取り出しやすく、探しやすくするナナメカット。 hmnyの製品には、こういったほんの少しの思いやりがたくさん詰め込まれています。

hmny フォトギャラリー

ヒトリゴト

必要なときにすぐに取り出して使うことができるよう、ポケットは斜めのスリットに。 また、使う度に折り曲げる部分はストライプの型押しに。 変形を防ぎ、強度を出すと同時に、皺を目立たなくするためのデザインです。 大切にしたのは使いやすさと、気に入ったものを永く愛用して欲しいという想いです。