漏れ日のような光、LC シャッターズ

louis poulsen × Louise Campbell | LC Shutters

LC Shutters (LC シャッターズ) | louis poulsen (ルイスポールセン) 看板

女性らしさや遊び戯れるようなタッチを感じさせる作品が印象的な、現在デンマークデザイン界で最も注目を浴びるデザイナーの一人、Louise Campbell(ルイーズ・キャンベル)。 2012年彼女がルイスポールセン社とチームを組み開発した、斬新なアイデアを反映させた照明、「LC シャッターズ」。 南欧の町を夕方歩いているときに目にするような、優しい窓あかりを連想させるペンダントライトです。
窓のシャッターが半開、あるいは全開され、幾重ものスリットから漏れる光がデコラティブなファサードになっているイメージ。 窓を常に開け放つ北欧よりももっとプライベートな親しさを感じる印象です。 「LC シャッターズ」は、100%グレア(眩しさ)フリーの照明。 シェードの中の光源は直接見ることも触れることもできないよう、カバーがされています。 タイプは2種類。 完全なホワイトバージョンと、光を灯したときと消したときとで全く異なる印象を生む、彩色パターンをもったカラーバージョン。 カラーバージョンには、ルイーズ・キャンベルが日本の春からインスピレーションを得た色を使っています。
http://www.louispoulsen.com/

「LC シャッターズ」の光について、ルイーズ・キャンベルは次のように語っています。
私は、グレア(眩しさ)の減少と、光を部屋に拡げることとの間のバランスをデザインしたかったのです。 光を遮るシェードと、光を拡散させるシェードとを一つにしようとしました。 グレアから目を守り、雰囲気をつくりだし、同時に周囲に光を拡げるような、明確な機能をもった一枚のユニット。 金属という不透明でハードな素材にもかかわらず、デザイン表現はソフトで優しいものです。

私にとっては、「ジェントル(優しい)」という言葉が最も重要です。
光は、部屋の雰囲気をあらわします。
個人的に、1個の電球のアグレッシブな光より、小さなキャンドルの光が100個あるほうが、私は好きなのです。
それでは、私が好むそんな光を、一つのランプからどうやって作りだせば良いのか?
私は、一つの電球の光を、沢山の光の“かけら”に分けることに決めました。
文字通り、シャッター(よろい戸)のように、です。
眩しい光で視界を邪魔せずにテーブルや天井を照らすことは基本条件です。
さらに、型押しした隙間から光を部屋に拡げ、同時に、無数の小さなソフトな光源によってランプ自体が照らされ、浮かびあがるような効果を考えました。

Louise Campbell (ルイーズ・キャンベル) × LC Shutters (LC シャッターズ) | louis poulsen (ルイスポールセン) イメージ

Episode

「LC シャッターズ」の開発は、デンマーク、ヴェイエンにあるルイスポールセン工場内で全製造工程が可能な、新しいペンダントをという考えで始まりました。 ルイスポールセンの工場は、メタルシートの加工にかけては最高の技術を持っています。 そして私は、一枚のメタルパーツだけのランプにこだわりました。
勿論、機能的で美しくなければいけません。 そして、ハードで硬く、冷たく暗いメタル素材を、軽く、柔らかで、ジェントルなものに変容させようとしました。

「LC シャッターズ」の開発には2年以上かかりました。 それはデザインに悩んだのではなく、考えたコンセプトの製品をどうやって製造可能にするか、ということに時間がかかったのです。
ルイスポールセンの技術陣は、皆、完璧主義者です。 お陰で、できあがった「LC シャッターズ」は、デザイナーの私が最初に提案したドローイングに正確なだけでなく、当初私たち皆が期待していたよりも、より強い製品として完成したと思います。

これまでルイーズ・キャンベルがデザインした照明は全て、木漏れ日のように目に心地よい、奥行き感ある光をつくりだすために、複数のレイヤーを用いています。 「LC シャッターズ」もまた、そうでした。

このペンダントライトは様々な場所でその効果を発揮します。
家庭のダイニングをはじめ、色々な環境に溶け込んでいく驚くべき性格をもっているのです。
「LC シャッターズ」は、デコラティブで上品な優しさを与えることによって、自然とその場の会話が生まれるような、ヒューマンな雰囲気づくりをする非凡なクオリティを備えています。
その光はナチュラルで素直。
顔にきつい影をつけず、人の顔を自然に照らすための理想的な照明です。

image photo of LC Shutters

ヒトリゴト

スリットから漏れる柔らかく優しい光。 それは直接光でもなく、間接光とも違う、例えるなら「木漏れ日のような光」。 部屋の中にも自然光のような光を取り込みたいというルイーズ・キャンベルの想いはこの照明にも明快に表れています。
南青山にあるフラワーショップ、「ニコライ・バーグマン フラッグシップストア」にて行われたルイスポールセン社の新作発表会では、落ち着いた空間の中にバーグマン氏の大胆かつ繊細なフラワーアレンジメントと「LC シャッターズ」が見事に調和していて、美しく、そして可憐に展示されていました。