Flensted Mobiles / フレンステッド・モビール

北欧デンマークの宙に浮かぶ彫刻、Flensted Mobiles / フレンステッド・モビール

Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 看板

モビールはデンマークに古くから伝わる伝統工芸です。 これを現代的なデザインへと発展させたのが、クリスチャン・フレンステッドとグレーテ・フレンステッドの夫妻でした。 二人が1954年に発表したモビールが大ヒット。 クリスチャン・フレンステッドは、大人の遊び心をくすぐる動く装飾品のクリエーターとして、その名を広く知られるようになりました。
現在では息子のオーレ・フレンステッドとその妻オーサが引き継いで、「宇宙空間研究所」と銘打った仕事場から、斬新で独創的なモビールを次々と発表しています。
フレンステッドのモビールすべてに共通することは、時代に左右されないという点です。 デザインのテーマは実にさまざまで、鳥や魚やゾウなどあらゆる形が映し出されます。
中でもゾウは、フレンステッド・モビールのシンボルとなりました。 フレデリクス・ミーネの屋根にはカラフルなゾウが列をなし、また最大のモビール作品「アエリス・エレファンティス」では気球の周りに12頭のゾウが飛んでいます(下写真)。
http://www.flensted-mobiles.com/

Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「アエリス・エレファンティス」

動物のデザインと対極的なのが抽象デザイン。
モーツァルトの交響曲をモビールで表現してしまうのはオーレ・フレンステッドだけです。
モビールは、バランス・リズム・動きからなるという点で、音楽にとてもよく似ているかも知れません。
美しい動きを作り出すには、一点の狂いもないバランスが求められます。 フレンステッド・モビールは、熟練した手でひとつひとつ丹念に作られ、完璧なまでのバランスを生み出しています。

Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) アトリエ 看板

Mobile / モビール
美術的に創作される装飾用デザインで、なかには滑稽味のあるデザインも多く見られます。 一点よりぶら下がり、針金や糸によって吊るされ、種々の素材でできた数個の形状から成り立っています。
どのような形状も同様に室内のかすかな空気の流れにさえ反応して独自に回転します。
バランスは動きと視覚効果の両方にとって重要な要素であり、このバランスによって個々の形状は三次元上のまとまりとなり、光と空間の中で無限の変化を繰り広げていきます。

デンマークにはモビールにまつわる言い伝えが幾つもあります。
そのひとつに、「悪意を抱いた人が部屋に入ると、モビールはパッタリ動かなくなる」というのがあります。 ですから、モビールは必ずしも“ 絶え間なく動いている ”わけではないということです。 また、「モビールは泥棒の類いを家から遠ざける」とも言われているようです。
どうやらモビールにはお守り効果が期待できそうです。

Flensted Mobiles / フレンステッド・モビール

Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「Sheep」 Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「Swallow」 Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「Symphony in 3 Movements」
Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「Moomin Mobile」 Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「Futura」 Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「Balloon 3」
Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「Flowing Rhythm-R」 Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「Feline Cats」 Flensted Mobiles (フレンステッド・モビール) 「Elephant Party」
1段目、左から「Sheep」、「Swallow」、「Symphony in 3 Movements」。
2段目、左から「Moomin Mobile」、「Futura」、「Balloon 3」。
3段目、左から「Flowing Rhythm-R」、「Feline Cats」、「Elephant Party」。

ヒトリゴト

インテリア性の高いモビールといえば、「フレンステッド・モビール」と言われるほど、世界的にも有名です。 家の中のわずかな空気の流れを感じ、ゆらゆらと浮遊するオブジェ。壁や天井に映りこむ動きの影までも魅力的です。 部屋の中でひとつだけ何か動きのあるものを取り入れると、空間に奥行きが生まれます。
仕事や雑多で追われるせわしない日々の中、少しの間でもこのモビールを眺めて、ほっと一息する。そんな時間をつくってみませんか。