嶌要デザインの座椅子、POD / ポッド

岡嶌 要の「あぐらをかく」ラタンの座椅子、POD / ポッド

岡嶌 要の「あぐらをかく」座椅子、POD(ポッド) 看板

「あぐらをかく」という行為からデザインされたラタンの座椅子。
無駄な部分を削ぎ落とした彫刻的なフォルムながら、ぽっかりと開いた口が笑っているような、どこか愛嬌のある表情が魅力です。
口の中に雑誌やリモコンなど身の周りのものをしのばせてお気に入りの居場所を作ることも、この椅子のもつ楽しみのひとつです。

シンプルでありながら、“ 日本 ”を想起させる存在感ある座椅子、POD(ポッド)。
一度腰を落ち着けてしまったら、動きたくなくなるほど快適な居場所が完成です。
ちょっとゆらゆら揺らしながら座るのも心地いい。
ソファを置かず、床でくつろぐ。日本ならではの床座スタイルには最適です。
http://www.idee.co.jp/

岡嶌 要の「あぐらをかく」座椅子、POD(ポッド) イメージ

POD は、和室はもちろんのこと、洋室に置いても様になります。
POD と セルジュ・ムーユ のフロアランプ。
意外な組み合わせですが、不思議としっくりまとまります。
そんなラタンの座椅子、そうはありません。
座る人を包み込むような、優しい顔をした、メイド・イン・ジャパンの秀作です。

デザイナー 岡嶌 要

デザイナー・岡嶌 要(おかじま かなめ)

岡嶌 要 / おかじま かなめ
京都生まれ。京都造形芸術大学美術科彫刻卒業。
イデーにおいて企画開発およびプロダクトデザイナーとして活躍後、2006年独立。
2008年よりCLASKA のデザインディレクションに参加。 現在、Pouf&Butch デザイナーとしてインテリア、プロダクト、アートの領域を横断する表現活動を行っています。
右写真は、テディベアをモチーフにした岡嶌氏のオリジナルキャラクター。 表層はクリスタルのカットのように施してあり、よく見ると全て三角形の面が集まってできています。 紙や金属といった素材でつくられ、その愛くるしさで大きな人気を呼んでいます。
http://www.pouf-butch.com/

ヒトリゴト

発売以来、ロングセラーアイテムになっているこのPOD(ポッド)。
座って、あぐらをかいてみると何とも落ち着き感があり、はまります。
畳との相性は申し分なしですが、個人的にはフローリングに合わせたら、和モダンな雰囲気でとても素敵なんじゃないかと思います。

岡嶌 要デザインの照明はこちら >>

go to item page

     
岡嶌 要 POD(ポッド)