澤直人デザイン、SIWA | 紙和

和紙の優しい風合いを活かした新しいプロダクト、SIWA | 紙和シリーズ

深澤直人がデザインする和紙ブランド、SIWA | 紙和 看板

千年の歴史ある和紙の産地、山梨県市川大門の和紙メーカー「大直(おおなお)」が、紙の可能性を広げる新しいアイテムを山梨県出身の工業デザイナー深澤直人氏とともにデザインしました。 その名も「SIWA | 紙和」シリーズ。
日常から離れた工芸品としての印象が強い和紙のイメージを払拭し、むしろ、現在の生活に溶け込むインテリアに合った一つの素材と捉え、和紙の持つ機能や特徴、優しい風合いを最大限に活かした全く新しい製品です。
甲斐の国、市川大門。 気高い峰々と清い水に恵まれたこの里は、遠く平安時代から和紙の産地として知られています。 和紙メーカー「大直」の歴史は市川大門の紙業の歴史と歩みをともにしてきました。
近年は伝統の中に新しい技術を盛り込んでインテリアや雑貨にも利用できる紙が開発されています。
それらの開発から生まれた新素材のやぶれにくい紙、「ナオロン」を用い、山梨県出身の工業デザイナー深澤直人氏とともに作り上げたのが、この「SIWA・紙和」シリーズです。
http://www.onao.co.jp/siwa/

深澤直人がデザインする和紙ブランド、SIWA | 紙和 製造過程

バッグや雑貨には、「ソフトナオロン」という素材を使用しています。 ソフトナオロンは木材パルプとポリオレフィン繊維を原料とし、和紙漉きの製法で作られた全く新しい紙です。 柔らかくしなやかな紙質ながら大変強度があり、水にも強くやぶれにくくなっています。また、燃やしても有毒ガスは発生しません。

重いものも入れられます。
使用方法・使用年数によって変わってはきますが、(財)QTEC生活用品試験センター調べで、10kgの耐荷重テストに合格しています。

傘などの塗れたものを入れても破れる心配がありません。
※但し、濡れたものを入れたまま放置すると、変色する可能性がありますのでご注意ください。

SIWA | 紙和 表面 SIWA | 紙和 表面 SIWA | 紙和 表面 SIWA | 紙和 表面

SIWA | 紙和 バッグ

深澤直人がデザインする和紙ブランド、SIWA | 紙和 バッグ

新素材の破れにくい紙「ソフトナオロン」で作られたバッグは、独特なシワ感が魅力です。
使い込むほどにシワも入り風合いが増し、手触りの良さは和紙という素材ならではのもの。 また、水にも強く布製のものと同程度の強度があります。折り畳み傘など濡れたものを入れたり、雨に濡れても問題ありません。
タイプは、スクエア型からラウンド型、トートバッグなどバリエーションも豊富です。
左写真は肩掛けができるトートバッグ。
耐荷重は10kg。底面には幅の広いマチと底板があり、沢山の荷物を躊躇なく入れることができます。 持ち手も底面もしっかりと丁寧な縫い込みがされているので、本や書類を詰め込んでも安心して毎日持ち歩けます。 また、ポケットが付いているのも嬉しいところ。
Sサイズは、お弁当を入れたり、サブバッグとしても活躍するサイズ。 Mサイズは、通勤通学にも適した、たっぷり入る大容量サイズ。男性の普段使いにも丁度良い大きさです。

SIWA | 紙和 クッションケース

深澤直人がデザインする和紙ブランド、SIWA | 紙和 クッションケース

二重のソフトナオロンの間に、柔らかで軽量なクッション素材が仕込まれているケース。小型のノートパソコンが入るサイズです。
開閉はファスナー式なので、トートバッグやブリーフケースに入れたときの使い勝手もスムーズです。 パソコンやモバイル機器、身の回りの小物など、移動時も傷から守り、やさしく保護します。
本体重量はわずか78g。ケースが軽いと持ち運びも気軽に。 普段、バッグの中で煩雑になっている細かなものの収納や旅行用の小物入れとしても重宝します。

SIWA | 紙和 ブックカバー

深澤直人がデザインする和紙ブランド、SIWA | 紙和 ブックカバー

さらっとした手触りが気持ちよいブックカバー。 柔らかくしなやかな素材感は手にしっくり馴染みます。
本の厚みにあわせて調整することができ、文庫本サイズの手帳やノートにも対応します。 耐久性があるため長くご使用いただけて、使うほどに愛着が湧き、毎日の読書タイムを心地よくしてくれるブックカバーです。

SIWA | 紙和 メガネケース

深澤直人がデザインする和紙ブランド、SIWA | 紙和 メガネケース

ソフトナオロンのくしゃくしゃの風合いを活かした小物入れ。
ペンケースやメガネケースとしてお使いいただけます。 開け口には、バネが入っているので中身が飛び出すこともありません。
また、耐久性のあるソフトナオロンなら、テーブルやデスクに置いておいてコーヒーなどの飲み物をこぼしても心配ありません。すぐに水でさっと洗い流せば汚れを落とせます。
つくりは非常に丁寧で、縫い目は目立たない綺麗な縫製。
小さな小物入れでも手を抜かないメーカーのこだわりが感じられます。

SIWA | 紙和 ひも付き封筒

深澤直人がデザインする和紙ブランド、SIWA | 紙和 ひも付き封筒

A4サイズがたっぷり入るひも付きの封筒。
仕事に必要な資料や文房具をまとめてしっかりと収納できます。これだけ持てば会議の席でもスマートです。
ビジネスバッグの中のバッグインバッグとして、また、そのまま脇に抱えて持ち歩いてもサマになります。
ソフトナオロン素材だから水に濡れても大丈夫。
手にとったときの独特の肌触りと見た目の美しさ。和紙のもつ風合いを残しつつ、新しさを併せ持つ。
使い始めると手放せなくなる封筒です。

SIWA | 紙和 ボックス

深澤直人がデザインする和紙ブランド、SIWA | 紙和 ボックス

スクエアで背が高く、シワ感の味わいあるボックス。
上部は折り返すことができるので、用途に応じて細かな高さ調節が可能です。 二層構造で布と同じように丁寧にミシンで縫製されているのでとても丈夫。ソフトナオロン素材だから水に濡れても平気です。
畳の上にもフローリングにも合う「SIWA」のボックス。収納ボックスとしてや、ゴミ箱、鉢カバーなど使い方は様々です。 また、使わないときはコンパクトに丸めておくことができます。

SIWA | 紙和 フォトギャラリー

深澤直人がデザインする和紙ブランド、SIWA | 紙和 使用イメージ

SIWA | 紙和 ラウンドバッグ SIWA | 紙和 トートバッグ SIWA | 紙和 ブックカバー SIWA | 紙和 グリーン SIWA | 紙和 ひも付き封筒 SIWA | 紙和 ブラック SIWA | 紙和 スクエアバッグ SIWA | 紙和 ボックス SIWA | 紙和 クッションケース SIWA | 紙和 スクエアバッグ SIWA | 紙和 レッド SIWA | 紙和 ブックカバー SIWA | 紙和 メガネケース SIWA | 紙和 ブラウン

ヒトリゴト

和紙という日本の工芸品を現代的にアレンジしたアイテムは、どこか懐かしい雰囲気も感じられ、使っていても全く違和感がなく、しっくりと手に馴染みます。 和紙が昔から親しみのある、わたしたちの身近な素材だということを再認識させてくれます。 使い込んでシワが増すほどに、まるで革のようにしなやかな質感になっていくため、決して使い捨てではなく、永く使い続けることができそうです。 どのアイテムも、くしゃくしゃのシワ感がそのままデザインとなり、余計な装飾は一切なく、素材の美しさとしなやかさだけが引き立っています。